3月 « 2014 « 輸入車選びで失敗しない!
Monthly Archives: 3月 2014

アメリカ車のアイコン「フォードマスタング」

マスタングはアメリカのフォードが製造販売するスポーツカー。
昔はムスタングとも呼ばれており大人気を博しました。
2
「マスタングはたんなるクルマではない。
フォードのハートでありソウルです」とフォードの責任者は語ったそうです。

初代マスタングは、トヨタ・セリカにも影響を与えたと言われており
スポーツカー好きにはたまらない車でしょう。

普通車と比べると燃費は7~9km(10・15モード)と悪くなりますが
最大出力412psとパワーがあります。
燃費が11.0kmのマスタングGTも発売されています。

スポーティなデザインで
メーターの照明の色が125色から選べるところもポイントです。
1
良い所は、スポーツカーのようで4~5人乗り、2ドアのクーペで
居住空間が広くバリバリのスポーツカーが好きな人には向きませんが
スポーティなクーペが好きな人にはおすすめです。

街中で見かけることはあまりありませんので
人と車がかぶるのが嫌な人でも心配ないですね。

アメリカ車のアイコンのひとつ、フォード・マスタング。
車好きなら一度は乗ってみたい車のひとつかもしれません。

品格漂う「BMW5シリーズ」のその性能の良さとは!?

「自分が運転するためのセダン」として買う
もっとも高級なクラスの車を考える時
国産車だとトヨタ・クラウンあるいはクラウンマジェスタやレクサスGS。
日産でいえばフーガ/シーマあたりでしょうか。

輸入車でいうと、こちらの「BMWの5シリーズ」
ベンツならEクラスがそれにあたると思います。
1
文句なしの高級車の品格を漂わせる「BMW5シリーズ」。
基本設計も同クラス他車とは違い
7シリーズを短くしたようなつくりなので、室内空間がとても広く
とくに運転席周辺の余裕やドラポジ調整範囲の広さは他の車の群をぬきます。

このクラスは世界的にも長い間ベンツEクラスがベストセラーとして君臨しているようですが
BMW5シリーズもひけをとらぬ人気を見せていることも事実です。

クルマづくりの根幹から”オーナードライバー”を意識しており
一度乗ったら他の車には戻れないというユーザーの声も多いのです。

5シリーズの魅力を一言でいうなら
「ゆっくり走れば重厚感ドッシリのまさに高級車という走り心地
しかしドライバーのテンション次第では軽快なスポーツカーとしても最高」
そんな違った楽しみ方をできる車なのです。
2

とってもおしゃれな「シトロエンDS3 カブリオ」

3ドアコンパクトハッチバックモデル「DS3」をベースにして
電動ソフトトップを装備したとてもおしゃれなシトロエンDS3 カブリオモデル。

思わず街で見たら振り返ってしまいそうな雰囲気を持ち
ヨーロッパでは圧倒的に女性に人気があるそうです。
1
ヨーロッパでは日本以上に女性が自らの意思でクルマを選んで乗るそうです。
最近パリで目立って人気なのはファッショナブルかつ刺激的で便利なコンパクトカー。
定番はBMWミニ、メルセデス・ベンツ「スマート フォーツー」。

シトロエンDS3 カブリオもそこに分けて入る勢いで人気急上昇中です。
2
ボディーサイズはノーマルとほぼ変わらずに
車重も機能もほとんどそのまま。
外見だけさらにおしゃれになっているので
人気が出るのもうなずけますね。

キャンバストップを電動でロールアップするタイプ
任意の開口面積が選べ、全開に要する時間はわずかに16秒。
しかも高速走行中でも開閉が可能というすぐれたキャンバストップです。

人とは違った車に乗りたい方でも満足できそうな一台ですね。

定期点検やメンテナンスが重要な輸入車

「昔は車の寿命は10年」または「10万キロ」などと言われていました。

もちろん、10万キロ超えるとタイミングベルトなどの交換は必要です。
しかし10万キロ超えると車が途端に駄目になるわけではありません。
20万キロ以上走る車もありますし、車の寿命とは=であなたの乗り方次第。
という言い方もできるでしょう。

車の性能が飛躍的に良くなった現代では
そういった言葉はもはや当てはまらなくなりました。
もちろん部品の耐久性も昔よりはるかに優れていますので
自分でしっかりオイル交換や部品交換していれば
10年以上たっても問題なく乗り続ける事ができる時代です。
21
輸入車では特にメンテナンスが大切になってきますが
国産車でもできる限り定期点検などを行いましょう。

車の寿命を伸ばすためには、日々のメンテナンスと
車に負担をかけない乗り方を覚えておくことが重要です。

以下の事は車の寿命を縮めますのでやめましょう。

●短期間の走行距離が長い
●高回転数で走り続ける
●急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドル
●長い間車にほとんど乗らない
●キズやヘコミを直さずにそのまま乗る

ワゴンRスティングレー 買取

小さいけどすごい車「スマート・フォーツー」

あなたは街でとても小さくて目を引く車を見かけたこと、ありませんか?
1
マイクロコンパクトカーその名も「スマート」。
街の交通環境を考えられて誕生した車です。

サイズ、安全性、俊敏性、環境性能
どこをとっても毎日のカーライフにピッタリとなじみ
最小の中にすべての技術を詰め込んだ、とも言えるかもしれません。

全長3mを下回るボディには、大人2人のために充分な
広さと利便性・快適性がユーザーを虜にしているようです。

新型モデルではボディを大型化して室内空間や衝突安全性をアップ。
さらに快適になっているとユーザーからも定評があるようです。

ありそうでなかったすべての無駄を省いた
本当に必要なものだけを残して完成した車です。

クーペとカブリオレがありどちらも人気があります。
三菱製のエンジンなので日本人にも何となく安心感がありますね。

シートそのものは評判もいいようですが、
高さと前後傾き調整が不可能なところが難点のようです。

さらに背もたれ角度がダイアルでなくノッチ式なので
思ったようなポジションにならないとの声がありました。

ダイムラー・ベンツとスイスのSMH社(スウォッチグループ)の
ジョイントベンチャーから生まれた初代スマート。
2
今では世界を代表する優秀な車として認識されています。

満足感と超実用性を備えた車「シトロエンC3」

独創的なデザインとユニークなアプローチで知られるシトロエン。

そんなシトロエンの中でもこの車に乗ってみたい!!
と思わせるかなり魅力的なコンパクトハッチバックのC3。

大人4人がゆったりと乗れる広さで
ダッシュボード周りのデザインが凝っていて
乗っているとなんだか幸せな気分になってしまうのが
このシトロエンC3の最大の特徴かもしれません。
1
実用性と満足感を兼ね備えた車って
意外と少ないのです。

優れた実用車でありながら、屋根まで伸びた大きなフロントウインドウをもつ
スペシャル感のあるコンパクトハッチバックのC3。

このウインドウの開放感で自然の一部を手に入れて
同じ道を走る他の人よりほんの少し幸せになれるはず。
2
日本車で言うと、ヴィッツやフィットクラスとなり
輸入車ではフォルクスワーゲン・ポロやプジョー207がライバルです。
200万円前後という価格は、求め易いとも言えるけれど
正直、同クラスの国産車と比べると多少割高。

でも継ぎ目のない、大きなウインドウの効果は絶大で
乗っていると開放感たっぷりでどこか遠くへ出かけたくなります。

フォルクスワーゲン新型ゴルフは優秀な輸入車です

あの「プリウスから代替えするユーザーも多い」ほど
魅力をもつ「フォルクスワーゲン新型ゴルフ」。
2
新型ゴルフ7は小排気量ターボにアイドリングストップを含めた
最新の低燃費技術を加えてJC08モード燃費は
1.2リッター+ターボのTSIトレンドラインと
TSIコンフォートラインが21km/L。

1.4リッター+ターボのTSIハイラインが19.9km/Lだ。

動力性能は1.2L+ターボがノーマルエンジンでいえば1.8リッタークラスで
1.4リッター+ターボは2.5リッタークラスに匹敵します。
1
また、新型ゴルフの最大のポイントは
衝突回避の支援機能を全グレードに標準装備したこと。

衝突の危険が迫ればドライバーに警報を発して
衝突不可避の状態になると緊急ブレーキ同時に作動します。
時速30km以下では、衝突を未然に防ぐことも可能だなのです。

現代ニーズに合わせた技術を詰め込んだ一台で
これまで国産車派だった方も
こんな車なら乗ってみたくなりますね。

装備と価格のバランスが理想的な車、と言えそうです。

その先を行く安全性が魅力「VOLVO S60&V60」

美しいボディーカラーにその個性的なビーチウッドカラーのシートが
高級感をただよさせる特別限定車である「VOLVO S60&V60」。
とっておきの一台をお探しの方は、必見の車です。
2
最大の人気の秘密はライバルを圧倒する
充実したその安全性能にあります。
さらに進化したその安全性がユーザーのニーズに答えているのです。

先進のシティセーフティとヒューマンセーフティが
多くのユーザーを魅了しています。
1
ステーションワゴンを含めてそのスポーティでスマートなデザインが
多くのファンを虜にしているようです。

見た目と安全性だけではありません。
走りの実力が高いのも特徴のひとつ。
その走りには定評があります。

1・6ℓのターボエンジンは力強いパワーフィール、
デュアルクラッチの6速ATも気持ちいい走行フィールに一役買っています。

美と機能性の融合を追求した
インテリアの高い質感とセンスのよさも
ユーザーの満足度をさらに高めています。

悪い評価をあまり見つけられないくらい
完成度の高い一台となっています。
車買取相場を調べるならコチラ

洗練された大人の魅力を演出する車「ジャガーXKクーペ」

「セレブ」的イメージの強いXKクーですが
実際走ってみるとスポーツカーとしての顔を見せ
中身は硬派というギャップも魅力のひとつといえそうです。
1
ジャガー伝統のデザインから脱却したインテリアで
英国らしさは薄まったかもしれませんが、
「新しいジャガー」として新たにユーザーを魅了しています。

トランスアクスルではないFR車にしては足元も広くつくられており
節度感のなかったJゲートのマニュアルレンジを廃止して
代わりに採用したパドルシフトや電動パーキングブレーキは
ユーザーからの満足度も高く、操作性も抜群のようです。

女子に人気の高いジャガーというブランド性に加えて
大型クーペならではのエレガンスさも兼ね備えるのがこちらのXKクーペ。
2
独自のアルミボディが採用されているので
大幅な軽量化を実現されました。

優れたパフォーマンスと“ネコ足”と表現される軽快なフットワークで
経済的な余裕を感じさせながら、女性の目を釘付けにしそうですね。

「フィアット ムルティプラ ELX」で個性をだそう!!

とにかく人とかぶりたくない車をお探しの方におすすめ!

フィアットのムルティプラなら、町で見かけることも少なく
それどこの車?なんて質問をよくされるでしょう。
2
新型ムルティプラは、フィアットが生み出した
まったく新しいコンセプトの小型マルチパーパスビークル。

強烈なデザインもさることながら
前3席+後ろ3席、計6人乗りのシートレイアウトが
とってもユニークで個性的です。

どの席も同等の快適性であるのが、独立式の座席ならではの特権です。

本国では1998年に発売されており、
日本での発売は2003年4月5日。
1
5速マニュアルのみとなるのが
販売上の難点になっているかもしれませんが
かなりおもしろみのある車です。

ちなみに「multipla」とは
マルティプライ(multiply、繁殖させる、増やす、掛け算する)が由来だそうです。

ボディもさることながら、内装もかなりユニーク。

小物入れは豊富で、よく考えられており
さすがイタリアの車だなと感じます。

インパネから突き出るシフトレバーも操作感や位置も
理想的であると、ユーザーからの細かい部分の満足度も高いようです。
そのハンドリングにも定評があります。